ちゅうやんの中国株長期投資で人生豊かにするブログ

40代サラリーマンが中国株、たまに米国株へ長期投資します。資産&配当収入を増やしながら豊かな人生を目指します。

1億円よりも毎月25万円のキャッシュフローの仕組みが必要なわけ

f:id:kabusuke7:20180513223458j:plain

 

 1億円よりも毎月25万円のキャッシュフローがお金の安心を生み出す

 

40代になって将来のお金について考えることが増えた気がします。

いわゆる老後の生活資金ってどれくらいあったらいいんだろうとか、いくらあったら会社をリタイアできるかなといったことです。

 

これまで20代、30代の頃はとにかく資産を増やすことばかりを考えていました。

 

確かにこれまでの資産運用とかサラリーマン給与からの貯金を合わせて、かなり資産は増えてきましたが、実は将来のお金の不安ってあんまり解消されないんですよね。

 

じゃあいくらあったらお金の不安ってなくなるんでしょう。1億円? 2億円?

 

仮に1億円あったとします。しかし、新たに入ってくるお金がなければ、毎日の生活でお金を消費していきます。

徐々にお金が減っていくと最初は1億円あっても、減っていく資産と残りの資産がいくらあるかと気になってしまいます。

 

自分は何歳まで生きるのだろうとか、インフレが急激に進んで資産価値が減ったらどうなるんだろうとか、将来のお金の不安が完全に消えることはないと思います。

 

でも25万円のお金が毎月入ってくる仕組みを持っていたらどうでしょうか?家族のいる人にとっては少し足りないと感じるかもしれませんが、お金の安心という観点で見ると先ほどの1億円よりも随分感じ方が変わるのではないでしょうか。

 

こちらは資産が減っていくのではなく、安定してお金が入り続けるからです。

 

資産1億円と毎月25万円のキャッシュフロー。実は1億円を年利4%で運用すると、年収400万円、20%税引後でも毎月手取り約26万円になります。

 

私は1億円も運用できるほど資産はまだありませんが、40代になり資産を増やすキャピタルゲイン狙いの投資と同時に、インカムゲインを目的とした投資を増やそうとしています。

それがうまくいけば、将来のお金の不安を減らす、安心して好きなことにお金を使うことができる豊かな生活に繋がると考えるからです。

 

安定したインカムゲインを生み出す投資として、株の配当金だったり、不動産経営、ソーシャルレンディング、太陽光などの売電、などなど色々あります。

 

私の場合は、やはり長年続けてきた株投資で配当金を狙ったほうが、やったことのない新しい投資をするよりはリスクが少ないし、安心感を得たいという本来の目的を達成す意味でも自分に合っていると思います。

 

長期安定して配当金を受け取るために大事なこと

 

配当インカムで安定してお金が入ってくる仕組みを作るには、長期にわたって投資する企業が配当金を出し続ける必要があります。

業績が不安定だったり、途中で減配・無配になっては元も子もないですよね。

 

配当金をメインの目的とした投資の場合に、投資する企業を選ぶ際に下記のことを気をつける必要があります。

 

①利益が伸びている

 配当回す比率が同じであれば、利益が伸びている間は配当金も増えていきます。

 

②営業キャッシュフローマージン(収益性)が高い

 利益率が高く、安定してキャッシュフローがあれば業績が一時的に悪化してもその間

 に配当を出し続ける体力があります。

 

③株主還元の意思が高い

 株主重視の企業か、利益から配当に回す配当性向は適正か、過去の実績を確認する。

 

④連続配当の実績

 連続配当、連続増配を続ける企業は将来も方針を維持する可能性が高い。連続増配の

 企業は長期投資家も多く、株価も安定しやすい。

 

⑤現預金の保有額

 配当に回せる余剰資金を十分保有しているか

 

以上、インカムゲインの投資について説明してきましたが、私の場合はインカムゲインは米株の高配当銘柄で、キャピタルゲインは主に中国株に投資することで実現していきたいと考えています。

 

本日はここまで。

 

 

ブログ始めたばかりで、お手数ですがクリックして頂けると励みになります


中国株ランキング