ちゅうやんの中国株長期投資で人生豊かにするブログ

40代サラリーマンが中国株、たまに米国株へ長期投資します。資産&配当収入を増やしながら豊かな人生を目指します。

アリババ【BABA】新高値更新 〜アリババの未来に夢を抱く〜

 

アリババ【BABA】上場来新高値更新

 

中国の電子商取引で最大手のアリババが、やっと上場来の新高値を更新してきました。

f:id:kabusuke7:20180606232309p:plain 

6/5時点の終値で208.4ドルです。

新高値を更新するということは、これまで株を買った人みんなが損をしていない状況です。

 

ここ数ヶ月の調整期間もあり、上昇エネルギーは十分でしょう。株価は新たなステージに入ることが期待されます。

 

同じく中国の巨大IT企業のテンセント(騰訊)の方はここ数日、戻り基調とはいえ、アリババの株価の勢いと比較するとかなり見劣りしますね。

 

私は両方を現在保有していますが、やはり勢いがあり今後の成長基盤も磐石に見えるアリババの保有比率を上げたいと考えてます。

 

ただPERはすでに50倍を超えているので、株価が一時的に急騰した場合は一部を利確することも考えながら、長期投資していきたいと思います。

 

アリババの時価総額は50兆円を超え、世界ランキングは6位まで上がっています。

お金もコネも持っていなかったジャック・マーが創業し、20年も経たない間に築きあげた企業です。

 

世界時価総額ランキングとアリババの未来

 

<世界時価総額TOP10>  *2018年5月末時点

                               

1. アップル(米)   918.5 (10億$)

2. アマゾン・ドット・コム(米) 790.7

3. マイクロソフト(米)  759.4

4. アルファベット(米) 758.8

5. フェイスブック(米)   555.1

6. アリババ(中)   500.8

7. テンセント(中)  494

8. バークシャー・ハサウェイ(米)   472.5

9. JPモルガン・チェース(米)  364.3

10. エクソン・モービル(米)   344

 

またアリババ傘下企業で、企業価値8兆円とも言われるアントフィナンシャルの上場の噂もあり、今後も目が離せません。

 

10年後にはこのランキングにどれだけ中国企業が入ってきているか楽しみですね。

 

アリババもジャック・マーが率いる限り、将来的にはマイクロソフトなどを抜いて世界で3位以内の時価総額企業に入ってくるのではないだろうか、と勝手に思いを馳せています。

 

やっぱり中国の高成長企業は夢がありますね。

 

みなさんも中国株投資いかがですか?

 

本日はここまで。