ちゅうやんの中国株長期投資で人生豊かにするブログ

40代サラリーマンが中国株、たまに米国株へ長期投資します。資産&配当収入を増やしながら豊かな人生を目指します。

中国EVメーカーのニオ【NIO】がニューヨーク新規上場

 

中国の電気自動車メーカーのニオ【NIO】が今週ニューヨーク株式市場に新規上場します。

 

ニオは2014年設立の新興EVメーカーですが、出資企業にはテンセント、レノボ、バイドゥなど大手IT企業が名を連ねています。

あまり聞いたことのない新興企業ですが、出資企業を見ると期待感は上がりますね。

 

f:id:kabusuke7:20180912000054p:plain                                     NIOホームページより

車種はまだ少ないですが昨年発売の新型SUVの「ES8」は日本円で700万円を超える価格帯で、バッテリー交換式を採用しています。

販売の方は政府の補助金制度もあり好調のようです。

 

新興のEVメーカーといえば米テスラを思い浮かべますが、現時点でテスラをライバルと呼ぶには知名度もブランドもまだ及ばないとは思います。

 

でも、何と言っても中国は国策でEVを押し進めていますので、中国EV市場の急拡大を考えると国産メーカーのニオも今後の事業拡大に期待が持てるでしょう。

 

但し、直近の2018年上半期の決算を見ると、、売上が約7.5億円に対して利益は約550億円の損失とボロボロです。

 

やはり、米テスラと一緒で量産初期の産みの苦しみでしょうか、作れば赤字の状況です。

ただこの点は、生産改善と数量増でいずれ数字も改善して行くでしょう。

 

でもちゅうやんは現時点でニオをポートフォリオに入れる予定はありません。

 

理由としては、EV市場は急拡大しますが技術的に差別化しにくい電気自動車は常に激しい競争にさらされ続けること、莫大な設備投資と研究開発費を必要とする考えるからです。

 

ちゅうやんにとっては見てるだけの企業ですが、しばらくウォッチしようと思います。

 

祝你好运、Good Luck!