ちゅうやんの中国株長期投資で人生豊かにするブログ

40代サラリーマンが中国株、たまに米国株へ長期投資します。資産&配当収入を増やしながら豊かな人生を目指します。

時間の無いサラリーマンや主婦にオススメ「つみたてNISA」。ちゅうやんは米株インデックス1本。

 

f:id:kabusuke7:20180916185435j:plain

ちゅうやんは中国と米国の個別株をメインに資産運用していますが、つみたてNISAもやっています。

 

毎日夜遅くまで仕事して株式投資なんてできない・・・家事や子育てしてると株式投資する余裕なんて無い・・・って方は居ませんか?

投資に向けるまとまったお金なんてない・・・って人もいるかもしれません。

 

そんな人にこそ、つみたてNISAはおすすめです。積立てNISAは少額から投資できるし、何よりも一度商品を決めてしまえば後は手はかかりません。

 

投資家が株式投資で儲けるために確率の高い方法は、成長を続ける国の株式に「長期」「分散」「積立て」で投資することだとちゅうやんは考えます。

この基本戦略にピッタリ当てはまるのです。

 

つみたてNISA? 聞いたことはあるけどあんまり知らない・・・という方に、「積立てNISAってどんな制度か」、「メリットデメリットは?」、「どんな商品があるの?」などをわかりやすく説明します。

 

・NISAってどんな制度?

・NISAとつみたてNISAの違いは?

・つみたてNISAのメリット・デメリット

・つみたてNISAで運用できる金融商品は?

・ちゅうやんが実際に投資する投資信託

  

NISAってどんな制度?

NISAは株式、投資信託などの配当・譲渡益が非課税になる個人投資家向けの税制優遇制度です。通常、株式投資では株を売って利益が出たり、配当金を受け取った場合には、利益に約20%の税金がかかります。

 

NISAはこの利益に税金がかからなくなる、個人投資家にとって超有利な制度なのです。

毎年購入できる金額や非課税運用の年数によってNISAや積立てNISAといった異なるタイプのNISAがあります(併用はできません)。

どんな違いがあるのでしょうか?

 

通常NISAとつみたてNISAの違いは?

大きく異なるのは3点、「投資金額」「投資した商品から得た利益に税金がかからない非課税期間」「投資商品」です。

 

毎年購入できる最大金額は、NISAが120万円まで、積立てNISAは40万円までです。

NISAの非課税期間が5年間(ロールオーバーは最大10年)、積立てNISAは20年間です。

投資商品はNISAが「株・投資信託・ETF・REIT」に対して、積立てNISAは「投資信託・ETF」に限られます。

 

積立てNISAは長期運用が前提になるので、手数料が低く、リスクが高すぎない商品を予め金融庁が厳選しています。証券会社にとっては儲けの少ない積立てNISAですが、逆に個人投資家にとってはメリットの大きな制度です。

メリット・デメリットをまとめて見ていきましょう。

 

つみたてNISAのメリット・デメリット

 

 

NISA

つみたてNISA

非課税となる期間

5年(ロールオーバー最長10年間)

最長20年間

毎年の投資金額

120万円

40万円

非課税最大投資額

600万円

800万円

投資商品の種類

多い

(株、投資信託、ETF、REIT)

少ない

(投資信託、ETF)

買い方

一括 or 積立て

積立てのみ

損益通算

できない

翌年に損失繰越し

できない

金融機関の変更

1年単位で変更可能

(1人1口座)

 

デメリットは損益通算と損失を翌年以降に繰越しできないことです。でもつみたてNISAの方が長期で運用する分、デメリットを軽減できるでしょう。

 

つみたてNISAで運用できる金融商品は?

積立てNISAで運用できる金融商品は金融庁の審査をクリアした投資信託とETFに限られますが、現時点の対象商品は計158本あります。

投資地域は日本、米国、先進国、新興国といろいろあり、投資対象も株だけのもの、株や債券、不動産などを組み合わせて分散するものとタイプは様々です。

 

厳選されたとはいえ、投資信託だけでも100本以上あるので、どれを選んで良いのか迷いますね。。

 

ちゅうやんは実は大して悩みませんでした。リスクやバランスをどう考えるか人それぞれのところはありますが、ちゅうやんが実際に投資する商品を紹介します。

 

ちゅうやんが実際に積立て投資する投資信託

ちゅうやんは積立てNISAをしていますが、選んだ商品はズバリ「大和-iFree  S&P 500インデックス」です。

積立てNISAの基本は、「長期」,「分散」,「積み立て」です。運用成績を上げるには長期に渡って成長し続ける国に投資することが大事です。

 

となると、これまでの長期の実績から言っても米国の株式指数に連動する投資信託を買うのが良いでしょう。

短期で見ると景気の浮き沈みはありますが20年というスパンで見た場合、これまで100年以上に渡って米国は成長を続けているのです。

 

ちゅうやんが選んだS&P500は、アメリカの代表的な大型株500銘柄で構成されています。

 

あの投資の神様ウォーレン・バフェットも、奥さんに「自分が居なくなったら資金の9割をS&P500のインデックスファンドで運用しなさい」という言葉を送っています。

 

ちゅうやんが投資した後に同じS&P500に連動する投資信託でeMAXIS Slim 米国株式S&P500もあります。

信託報酬を値下げ(信託報酬0 .1728%以内)したので、もしこれからS&P500に投資するのならこちらの方が良いでしょう(大和-iFreeは0.243%)。

ただ信託報酬は値下げ合戦なところもあるので、その時有利なものを選べば良いと思います。

 

つみたてNISAは株式上級者にも、これから株式投資を始めたい初心者投資家の入り口にもオススメの金融商品です。

 

セカンドライフなどの老後資金、子供の教育資金、マイホーム資金の一部など目的を持って長期で資産を形成されたい方は一度検討してみるのも良いと思いますよ。